葬儀での香典の事を知っておく

葬儀に参列をするときに欠かせないのが香典です。

香典は故人の霊前にお供えするためという意味とともに葬儀の際の急な出費を助けるためのもので、現金をのし袋に入れてお通夜か告別式のどちらかに持っていきます。

香典の時に使うのし袋や表書きは宗教によって違うのです。

仏教、仏式の場合には黒白か双銀の結びきりの水引がかかった不祝儀袋に「御香典」「御霊前」「御香料」のいずれかを書きます。

宗教が分からない場合には「御霊前」と書くと無難でしょう。

水引より下の部分には会葬者のフルネームを書きます。連名で書くこともできます。

中袋か裏面には差出人の住所や包んだ金額を書いておきます。そうすることで遺族が御礼状を書いたり香典返しをする際に困ることがありません。

会社名や団体名と名前を入れる場合には会社名などを書いた横に右から順に目上の人から名前を書いていき、3名以上の時には「社員一同」「経理部一同」などと書き、中袋に誰がいくら香典を包んだかを書いておくと、後で遺族がお礼をしやすくてよいでしょう。

ちなみに蓮の絵が描いてある不祝儀袋は仏教、仏式の場合のみに使われます。

キリスト教の葬儀の場合には百合の花や十字架が描かれたのし袋に「御霊前」「御花料」などと書きます。

神式の場合は無地ののし袋に黒白か双銀の水引の掛かったものに「御霊前」「御玉串料」「御榊料」などと書きます。

そしてその香典はふくさに包んで葬儀に持っていきます。

葬儀では受付では記帳をした時に袱紗から出して「どうぞお供えください」といって両手で差し出します。

どうしても葬儀に参列できない場合には香典を郵送するという方法があります。現金書封筒に手紙を添えて入れ喪主宛てに送ります。

包む金額の相場は年齢層によっても違いますが、3000円から10000円くらいの間で、親密度や血縁の濃さなどによって変わってきます。

さて香典を受け取る側になった場合には葬儀後なるべく早くお礼の電話をしたり御礼状を書いたりします。

そして忌み明けには頂いた香典の額の3分の1から半分くらいの額に相当する品物などを贈ってお返しをします。

忌み明けとは仏教の場合は満中陰といわれる四十九日のことで、その法要が済んだら準備をするようにします。

キリスト教の場合は1か月後のミサ、神式の場合は50日後となります。

葬儀は宗教の違いだけでなく、地方によってしきたりや風習に違いがあります。

だから葬儀に関してわからない点があれば葬儀屋さんに相談するとよいでしょう。

Copyright(c) 2015 葬儀での香典の事を知っておく All Rights Reserved.